忍者ブログ

YOU ARE SOULMATE

MACSSY. 2MC1DJのHIPHOP CrewのDERELLAの一員。いきることは歌うこと歌うことはいきること。
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

10211918 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • :10/21/19:18

11221503 規矩哉じいちゃん安らかに。

2011年11月16日午前10:56

わたしの祖父、高橋規矩哉(享年96歳)は眠るように幽界へ帰りました。

お葬式までの間、
秋田に居る間中、不思議なことが起こったり、
家族の優しさに強く背中押されたりしてまたひとつ成長できました。


ちょっとだけじいちゃんの紹介をします。

キクヤじいちゃんは大正4年生まれの一生涯の、健康優良人でした。

職業軍人として、太平洋戦争中にパプワニューギニアに渡り、
食料もなく、餓えと敵国との文字通り「命」をかけた闘いののち、敗戦となり、
死刑囚になるかもしれないと過酷な精神状態の日々を1年以上異国の地で過ごしたわけです。


じいちゃんは昔、本を書いています。
秋田県雄勝郡羽後町軽井沢に医者の孫として生れてから、
軍人になって戦争に出て、収容所での精神的な苦痛と体力的な重労働の生活や
おばあちゃんの癌との闘病のことを綴った「キクヤのすたこら人生」という本です。

一時期DERELLAで「すたこらフリーペーパー」なるものを発行していましたが
その中で連載をしていたのはこの キクヤのすたこら人生 です。

他にも習字の先生をしていたり、
町の議員を十四年務めていた経歴もあり、人情に厚く正義感の強い実行力のあるほんとにかっこいいじいちゃんでした。随所で人を笑わせたりユーモアも忘れない素敵なひとでした。

そして常に「健康でいなさい」といつもいつもいつも言っていました。


そんなじいちゃんが亡くなるときは、
きっと老衰だろうなと
わかってはいたもののそのときが来ると辛かったです。
でもきっとそろそろおばあちゃんとも再会しているころでしょう。



じいちゃんが残してくれた財産はじいちゃんの生き様です。

脈々と子孫に受け継がれています。


ありがとうじいちゃん、安らかに。

ずっと一族を見守っていてください。





今日は個人的なお話の日記にお付き合いいただきありがとうございました。
しっかり毎日を生きるんだと、結構元気は出てきましたのでご心配なく。

また書きます。
-----おわり-----



























































PR

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+